オーロラ写真家・内野志織の撮影日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島県 須賀川市 マンホール 牡丹
【福島県 須賀川市 マンホール -牡丹-】

週末に福島県へ行ってきましたので途中いろいろなところに立ち止まりマンホールを撮影してきました!
まず第1弾は須賀川市のマンホールです。
牡丹の花がとても素敵なデザインのマンホール蓋です。
牡丹は須賀川市の「市の花」として 昭和56年5月23日制定されました。

市内にある須賀川牡丹園は、今から240年以上前の明和3年(1766年)、当時須賀川で薬種商を営んでいた「伊藤祐倫」が牡丹の根を薬用にするため、苗木を摂津国(現在の兵庫県宝塚市)から持ち帰り栽培したのが始まりなのだそうです!!

今では、東京ドームの3倍の広さを持つ10ヘクタールの園内に290種類、7,000株もの牡丹の大輪の花が咲き誇るそうです!
非常に広い敷地ですね。(牡丹の見ごろは4月下旬から5月中旬)

また、須賀川牡丹園は昭和7年に国の名勝に指定されており、牡丹園として国の名勝に指定されているのは全国でも須賀川牡丹園だけなのだそうです!!

牡丹の花は市民の誇りなんですね。
福島県 須賀川市 マンホール -牡丹- 福島県 須賀川市 マンホール -牡丹-


内野志織のオーロラ写真館
MIZUNOSMITH OPTICSHot Chllys
レッドレンザー LED LENSER
facebooktwitter
東京都 西多摩郡 瑞穂町 カラーマンホール

【東京都西多摩郡瑞穂町 カラーマンホール】

本日は天候不安のため急遽撮影が中止。
途中まで行って引き返してきましたので、久々にマンホール撮影してきましたよ。
東京都 瑞穂町のマンホール蓋です。

狭山丘陵に生息する「オオタカ」、特産品である東京狭山茶の「茶の花」、町の木である「松」がデザインされており、下水道事業開始20周年を記念して平成6年度に住民の投票により決定したものだそうです。


内野志織のオーロラ写真館
MIZUNOSMITH OPTICSHot Chllys
レッドレンザー LED LENSER
facebooktwitter
アカボシゴマダラ(Hestina assimilis) 卵
【アカボシゴマダラ(Hestina assimilis) 卵】
自宅で飼っているアカボシゴマダラが卵を産んだので、写真に撮ってみました。
生まれたての卵は緑色が綺麗な色をしています。

アカボシゴマダラは樹液を吸うので、自宅にあったカブトムシ用の昆虫ゼリーを入れたところよく吸蜜しており、幼虫はエノキの葉を食べるので、ケージの中にエノキを入れたところ、数日後に産卵し始めました。
一匹の蝶々は一体どれくらいの卵を産むのだろうかっていうほど毎日産卵しています。
アカボシゴマダラ


内野志織のオーロラ写真館
MIZUNOSMITH OPTICSHot Chllys
レッドレンザー LED LENSER
facebooktwitter
ヘッドライト レッドレンザー7R Headlamp LED LENSER 7R
ヘッドライト レッドレンザー7R
Headlamp LED LENSER 7R

本日すごいいいものを見つけました!!

その名もレッドレンザー!

ドイツのメーカーで、明るさなんと220lm(ルーメン。今まで使っていたヘッドライトの明るさが80lmなので、非常に明るい。もちろん明るさの調節も可能で、20lmから調節が可能。

照射範囲もスポットから広角まで自由に調節ができ、何よりも光が非常にクリアで中心から外側まで明暗のムラがほとんどない!!

バッテリーは環境に優しい充電式。
ふたを開けると専用のリチャージャブルバッテリーが入っていますが、電池部分の形状を見るとおそらく市販の単4電池も使用可能な模様。

それ以外にも、バンドの部分は非常によく反射する仕様になっているし、防水性だし。ライトも点灯と点滅もあったりなど、夜の撮影に、心強い見方ができました!

良い撮影パートナーに出会うと、それだけでウキウキします!

レッドレンザーのウェブサイト
https://www.ledlenser.com/jp/

内野志織のオーロラ写真館
MIZUNOSMITH OPTICSHot Chllys
レッドレンザー LED LENSER
facebooktwitter
ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶) 学名_Hestina persimilis japonica

ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶) 学名_Hestina persimilis japonica
【ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)】

仕事中に見つけたゴマダラチョウです。
あまり珍しい蝶というわけではないようですが、初めて目にする蝶です。
外来種のアカボシゴマダラの春型かと思いましたが、アカボシゴマダラの春型は翅の裏は筋が黒いだけで他は真っ白なのと、翅の表面がアカボシゴマダラの春型より黒い部分が多いので、ゴマダラチョウと断定しました。

間違っていたらすみません。

ゴマダラチョウの幼虫の食草はエノキ、成虫は花の蜜に来ることよりも樹液に来ることの方が多く、また腐った果実などにも訪れます。

下の写真がアカボシゴマダラの春型です。
アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑) Hestina assimilis 春型
<アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑) Hestina assimilis>


【ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)】
界 : 動物界 Animalia
門 : 節足動物門 Arthropoda
綱 : 昆虫綱 Insecta
目 : チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科: アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科 : タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科: コムラサキ亜科 Apaturinae
族 : Apaturini
属 : アカボシゴマダラ属 Hestina
種 : H. persimilis
亜種: ゴマダラチョウ H. p. japonica


内野志織のオーロラ写真館
MIZUNOSMITH OPTICSHot Chllys
facebooktwitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。