月と金星、火星

ここでは、「月と金星、火星」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月 金星 火星
1月31日、2月1日は月と金星、火星が近づいて見える日でしたので、夕方早速取りに行きました。
星空の撮影なんて2年以上していません。かなり久々の撮影でした。
比較的暖かい日ではありましたが、それでも少々風が吹いていたので、しばらく外に立っていると肌寒さを感じます。
昨日は途中から雲が出てきて隠れてしまいましたが、今日は綺麗に見えていました。

下の写真は2014年10月4日に撮影した皆既月食です。
この撮影以降、星空を全く撮らなくなってしまいました。。

色々ありましたからね。。。撮影なんて行けなかったんです。。。
皆既月食
これからは星空も少しずつ撮影できたらいいな〜。


内野志織のオーロラ写真館
MIZUNOSMITH OPTICSHot Chllys
facebooktwitter
スポンサーサイト
この記事へのコメント
こんにちは。お返事が遅くなってすみません。

写真と気温の関係とのことですが、月や星の撮影は時間によって色が異なって映ります。
気温が関係しているというより、空の明るさが関係しているのですが、日が沈んで暗くなり始めの頃に夜空を撮影するとほんのり青みがかった夜空に星が映り、日が沈んでだいぶ時間が経ってから夜空を撮影すると暗い夜空になります。

都会はどうしても街明かりが強いので星をメインとした撮影には不向きですが、夜景とともに星が写り込んだ写真は私自身は好きで撮ることもあります。

都会と自然の多い場所ではやはり自然の多い場所の方が空気は澄んでいますが、例えば雨上がりの晴れた夜なんかは都会でも非常に空気が澄んでいますので、撮影に行くのであればそういうことも参考にするのもいいかと思います。

参考になりましたでしょうか?

コメントをいただき、誠にありがとうございました。
2017/06/15(木) 12:35 | URL | 内野志織 #-[ 編集]
オーロラのラジオ以来のコメントになりますが、夕刻の空に浮かぶ月や惑星の写真は、とても綺麗だと写真を拝見して改めて思いました。

街中で見るのとは、やはり空気の澄み具合や明かりなどの条件によって、見え方が全然違うものなのでしょうか?
気温とかも関係があるのかどうか。
(冬のが、綺麗な写真が撮りやすいなど)

また、コメントします。
お仕事頑張ってください。
2017/02/12(日) 20:22 | URL | セキセイインコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。