ベニシジミの越冬幼虫

ここでは、「ベニシジミの越冬幼虫」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベニシジミ幼虫
【ベニシジミ(紅小灰蝶) -Lycaena phlaeas-】
今回も再び蝶々の越冬個体や越冬幼虫を探しに埼玉県へと行って参りました。
今回は幼虫三昧。たくさんの幼虫に出会う事が出来ました。
といっても、今回も探し当てたのは蝶々先生です。
まずはベニシジミの幼虫です。上の写真にはベニシジミの幼虫が写っています。どこにいるかわかるかな?
ベニシジミの幼虫の食草はタデ科のスイバ、ギシギシ、ノダイオウなどの植物で、卵もタデ科植物に産みつけられるそうです。幼虫は脚の無いワラジムシのような形をしており、緑色の個体や、紅の縦じまがある個体もおり、保護色になっています。

ベニシジミは昨年春から秋まで非常に長い期間、至る所で目にする事が出来たシジミチョウで、赤い模様がとてもかわいらしく、かなり近付いてもじっとしていてくれるとてもいいモデルでした。
ベニシジミ

内野志織のオーロラ写真館
MIZUNOSMITH OPTICSHot ChllysMountain Dax
facebooktwitter

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。