FC2ブログ

アオスジアゲハ

ここでは、「アオスジアゲハ」 に関する記事を紹介しています。
アオスジアゲハ
街中でも良く見かけるこの蝶は、アオスジアゲハです。
この青い翅は見る角度によってメタリックブルー(グリーン?)のようにひかり、とてもきれいです。

そもそもチョウとは「鱗翅目(りんしもく)」と言う単位に分類されており、これは翅に鱗粉がある種類と言う事です。
鱗粉とは,鱗のような粉があるという意味で、元々は毛が変化したものだそうです。
翅や体・足を覆っており、水を弾く特性があるので、雨に濡れてもすぐに飛び立つことができます。
なので鱗粉が落ちると、水が上手く弾けず、飛びにくくなります。
また、汚れも付きにくくなっています。

翅をいっぱいに広げて太陽を浴び、体温調節にも使うそうです。ですので、鱗粉の色が暗い蝶は、熱が伝わりやすく、他の蝶より早く活動できます。鱗粉の色が明るい蝶は、熱が伝わりにくいですが、暑い場所では、体温が上がりすぎずにすみます。
他にも翅を彩ったり、雄には雌を誘うための発香鱗などの役割があるそうです。

ということで、チョウの翅には鱗粉があるのですが,このアオスジアゲハの青い部分には鱗粉がないのだそうです。

お目々が真っ黒で、中々の美人!!あ、もしかすると雄かな?
レンゲの花蜜をしきりに吸っていました。

内野志織のオーロラ写真館
山岳ガイド水野隆信の登山教室
MIZUNOSMITH OPTICSHot ChllysMountain Dax
facebooktwitter

スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック