水芭蕉

ここでは、「水芭蕉」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水芭蕉

今度は水芭蕉の撮影に行って来ました!

水芭蕉はサトイモ科の多年草で、湿地に自生。
白い花びらのようなものは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる葉の変形したもので、中央にある円柱状の部分が小さな花が多数集まった花序(かじょ)。

葉などの汁にはシュウ酸カルシウムが含まれ、肌に付くとかゆみや水ぶくれを起こすことがあります。

根茎はかつて腎臓病や便秘などの民間薬として利用されたこともあるそうですが、薬効についての根拠はなく逆にアルカロイドが含まれているため、服用すると吐き気や脈拍の低下、ひどい時には呼吸困難や心臓麻痺を引き起こす危険があるので利用は禁物。

ツキノワグマはミズバショウの葉や花を食用とする場合があるそうですが、これは冬眠後などに体内の老廃物等を排出するための嘔吐剤・下剤として食べるため。タンポポを食べる熊をよくみますが、これも同じ理由ですね。



MIZUNO
内野志織のオーロラ写真館
山岳ガイド水野隆信の登山教室
facebook

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。