FC2ブログ
写真家・内野志織の撮影日記

で、続きなんですが、調べてみるとリチウムイオン単三充電池があるのが見つかり、電圧は3.6V。
かなり電圧が高いのにも関わらず900mAhしかない。。これってどういうこと?
電気を押し出す力はあるのに、電池の容量は少ない。つまり、例えると、馬力はあるのにすぐにスタミナ切れするってことかしら。。。?
こういう電池って何に使えるのかな?

う〜ん、よくわからなくなって来た。
リチウムイオン充電池

そもそもなんで電池を調べているかと言うと、自分が持っているキャノンのストロボに合う電池を探していた訳で、ストロボの電圧は6V。

キャノンに問い合わせてみたところ、リチウムイオン単三充電池で試験をした事はないですが、6Vを超える電圧での使用は故障の原因になるとの事。

つまり、高電圧のリチウムイオン充電池は6Vのストロボには適さないと言う事でした。
試してみたい気持ちがあるのですが、、、壊れるともう一本買わなくてはいけない事を考えると試せない。。。どうなるかやってみたいけど。。

で、ストロボにはリチウムイオン充電池は合わないとなると、やはり1.5Vのアルカリ乾電池か1.2Vのニッケル水素充電池が最適。
ただ、何度も使う事を考えるとコスト面で充電池に。

じゃあ、数ある充電池の中で何が一番いいか。
やっぱり容量が大きくて自己放電が少なく、繰り返し充電出来る回数が多い方がいい。

主に日本のメーカーの充電池を見てみると、950mAh〜2500mAhの範囲で充電池がある。
その中で2000mAh以上の充電池は、、、
【Panasonic】
 ・eneloop pro 2450mAh
 ・EVOLTA 2500mAh
【富士通】
 ・富士通 充電池 高容量タイプ 2400mAh
【TOSHIBA】
 ・IMPULSE TNH-3AG 2550mAh
 ・IMPULSE TNH-3A 2400mAh
【SONY】
・ サイクルエナジーゴールド 2100mAh
【maxell】
・ ecoful 2000mAh

だいたいこんな感じ。
で、次に重要視するのは充電出来る回数。
容量が大きくなればなるほど充電出来る回数も減ってくる模様。

繰り返し出来る充電回数
1000回
・ サイクルエナジーゴールド 2100mAh
・ ecoful 2000mAh

500回
・eneloop pro 2450mAh
・富士通 充電池 高容量タイプ 2400mAh
300回
・EVOLTA 2500mAh
・IMPULSE TNH-3AG 2550mAh

たとえば、土日だけ充電池を使うとすると、1年で土日は104日。単純に104回充電すると考えると、充電出来る回数が300回は約3年。さすがに3年で使い物にならなくなってしまうのはちょっと考える。
そうすると、1000回や500回はかなり魅力的。
ただ、長時間利用する事を考えると出来るだけ高容量のものが欲しい。予備バッテリー持って行けばいいだけの話なんだけど、荷物もどんどん増えるし、、、

で、ここで選ばれる充電池はeneloop pro 2450mAh
か、富士通 充電池 高容量タイプ 2400mAh。

【結論】
若干eneloop proの方が容量が大きい事を考慮すると、ストロボで使う充電池はeneloop proがいいと判断。eneloop proを購入する事に決めました。
パナソニックエネループプロ



ただ、何事も試してみなくては分からないし、ココまで来るとどのメーカーも大して代わらないとは思います。

内野志織のオーロラ写真館
山岳ガイド水野隆信の登山教室
MIZUNOSMITH OPTICSHot ChllysMountain Dax
facebooktwitter

スポンサーサイト