2006年12月のオーロラ情報

ここでは、「2006年12月のオーロラ情報」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天気 ;だいたい曇り(7pm-5am)
日の出;10:07am      日の入; 15:15pm
月の出;11:33am     月の入;月の入無し
最高気温;-11℃ 最低気温;-15℃
オーロラレベル;3 満足度;○

31日の大晦日、毎年この時期イエローナイフは天候が安定せずここ何年かオーロラの姿を見る事がありませんでしたが昨夜本当に久しぶりにオーロラが姿を現しました.
10時過ぎくらいに東の空に現れたオーロラは満月の近い明るい月明かりの空でさえも緑色だとはっきりとわかるくらいに輝いていました.
薄い雲がはっており,多少見ずらい部分はありましたが太陽活動が穏やかな割には中々良く光っていたのではないでしょうか.


現在太陽風は350km/秒と低速な状態を保っているようですが,太陽風の磁場が少し増加しているようです.
コロナルホールからの高速太陽風が地球に到着する前に太陽風の磁場が増加するので、そろそろ高速太陽風も地球に到着するのではないかとの事です.
スポンサーサイト
天気 ;だいたい曇り(7-10pm)ー晴れ(11-11:30pm)ー曇りー晴れ
日の出;10:07am      日の入; 15:13pm
月の出;11:45am     月の入;(12/31)8:14am
最高気温;-4℃ 最低気温;-10℃
オーロラレベル;1 満足度;△

空一面に雲があるものの,所々切れ間もあり月明かりが見える程の空模様でした.
その後11時過ぎると南の空から晴れ始め北の空の雲の間には非常に薄いオーロラが現れました.
しかしながら30分もすると再び空も曇り,同時にオーロラも見えなくなってしまいました.
その後1時半過ぎ頃から再び空がすっきり晴れ、北西の空にはオーロラが緑色に光っているのが見えましたが,非常に薄く20分程で消えてしまいました.

太陽風速度は320km/秒と低速な状態が続いており,そのせいでオーロラもかなり穏やかになっています.
ただ、コロナルホールが太陽の中心に達しているので1月2日あたりから影響が現れるとの事です.このコロナルホールは前周期も前々周期も地球に磁気嵐をもたらしたコロナルホールですので,2日以降が楽しみです.
天気 ;だいたい曇り(7-10pm)ー曇り
日の出;10:08am      日の入; 15:12pm
月の出;11:53am     月の入;(12/30)6:03am
最高気温;-4℃ 最低気温;-11℃
オーロラレベル;-  満足度;X

昨晩イエローナイフは始め月明かりも見える程雲も薄く,所々星も輝いている所が見える程の空模様でした.しかしながら次第に星も月も見えなくなり,途中雪がぱらつく程雲も厚くなり,結局オーロラも見れませんでした.

オーロラ自体の活動度も低く,太陽風もかなり低速(330km/秒)で、地球の磁気圏もかなり穏やかとの事.
ただコロナルホールが太陽の中心に達したそうなので,1月2日あたりから現れる影響が楽しみです.
天気 ;所々曇り(8-9pm)ー曇り(10pm)ー晴れ(11:30pm-5am)
日の出;10:08am      日の入; 15:10pm
月の出;11:59am     月の入;(12/29)4:05am
最高気温;-11℃ 最低気温;-16℃
オーロラレベル;3  満足度;○

8時頃は所々雲があるのみで星が見えていましたが10時くらいになるとどんよりと曇ってしまいました.11時くらいから南の空から徐々に晴れ始めその後すっきりと晴れ渡りました.
オーロラも雲が途切れると同時に北の空に現れ12時になると目で見てはっきりとオーロラだとわかる程にまで強く光り,写真に撮ると緑色のオーロラの上がほのかに赤く色づいているのがわかりました.

太陽風はさらに速度を下げ320km/秒にまでになりました.
931、932黒点群は活動度が弱くどうやら消えてしまったようで現在無黒点です.
前周期に磁気嵐を発生させたコロナルホールが太陽面の東10度付近に見えておりそろそろ太陽の中心に達しますので,この影響が地球に来るのが楽しみです.

ちなみにコロナルホールとは太陽の磁場が外側へ向かって開いて惑星間空間に広がっている場所なので、プラズマは閉じ込められずここから速度の高い太陽風が太陽系へ向かって吹き出しています.
この為太陽の中心にコロナルホールが近づくと地球方向に高速の太陽風を吹き付けるので、地球の磁気圏に大量のプラズマ粒子が流れ込み、強いオーロラ活動を引き起こすのです.
太陽の中心にコロナルホールが来てからその影響が地球に達するまで約3日.ですので1月1日か2日あたり位からいいオーロラが現れるかも知れません.

このコロナルホールと言うのが太陽面にいくつかあるのか,また出たり消えたりしているのかわかりません.勉強不足ですみません.

またちなみに、太陽も自転しているので、コロナルホールが西の端に消えてもまた何日かすると再び東の端からやってきます.そのとき前回と同じ大きさであるとは限らないようです.
もう一つちなみに太陽の自転の速度は赤道付近は27.0日、両極は30日と速度は違っており、太陽表面が流体である証拠の一つだそうです。

なので、黒点も同様にだいたい27日くらいすると再び東の端にやってきます.
前回大きなフレアーを連発していた930黒点群ですが、東の端で巨大フレアーを起こしたのが12月5日でしたので,1月1日あたりには再び東の端にやって来るのではないでしょうか.
太陽の裏側に行っている間にこの黒点群が衰退していなければ前回の様な巨大フレアーを連発してくれるでしょう.

と,言う訳で1月1日2日以降が非常に楽しみです.
天気がよければの話ですけどね.

天気 ;雪
日の出;10:08am      日の入; 15:09pm
月の出;12:05pm     月の入;(12/28)2:15am
最高気温;-13℃ 最低気温;-14℃
オーロラレベル;ー 満足度;X

今夜もイエローナイフは雪がぱらついておりました。
2時半近くになると所々雲の切れ間から星が見えましたが,残念ながらオーロラは見えませんでした.

太陽風はかなり低速になり、360km/秒まで下がったそうです。そのためオーロラ活動も弱くなっているようです.
ただ,コロナルホールが地球に向きつつあるので,その影響が今後楽しみです.
予報では1月2日から5日あたりにくるそうですので,その頃天気がよくなるのを期待します.
931、932の黒点群に変化は見られないとの事なので,大きな黒点爆発は期待出来そうにないですね.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。